水素水を調査するサイト

水素が有名になりだしたのは、さかのぼるところ10年ぐらい前、アメリカの科学誌で有名なネイチャーで水素が取り上げられたところから始まります。

水素といえば、私たちの身近に存在しそうな物質、例えば、中学校の理科の実験で『ポン』と試験管を使って水素反応をするのは良くあるお話です。この水素が実は、美容や健康に良いという論文が出たのです。
身近に存在するそんなものがと誰もが思ったのですが、水素は実は多くの力を持っていたのです。
水素は科学の記号でいうとHであり、一番軽くて小さい物質です。無味無臭であり、宇宙空間でいうと一番存在する物質です。気体中に多く存在しそうですが、じつは1ppmという1%の1万分の1ほどしか含まれていません。

水素には抗酸化作用があります。

私たち人間は、生きていくエネルギーを体内でつくり出すときに、酸素と糖分を使います。
その作り出すときに必ず出てしまうのが悪玉活性酸素といわれる物質。活性された酸素、よさそうなイメージがあるのですが、この活性酸素は体内で悪さを行い細胞を気づけ、細胞をがん化させてしまったり、老化の原因としても有名で肌や体内を老化さえてしまうのです。
そんな活性酸素を無害な水に換えてくれるのが抗酸化作用のある水素なのです。